ジゴワットレポート

ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』は、言うなれば「ディスニーの逆襲」である

公開日は平日だったのに朝イチの回がかなり埋まっていたあたり、やはり『スター・ウォーズ』の文化的認知度の高さを思い知る。 まあ、かくいう私もこの日仕事を休むために約半年前から密かに調整していた。公開日に合わせて有給届を出した際に上司の含み笑い…

映画『ジャスティス・リーグ』、それは聖典がエンタメ誌になるということ

マーベルとDCは例えるなら日本で言うジャンプとサンデーみたいなもので、『アベンジャーズ』がルフィとナルトとジョジョが共演する映画なら、『ジャスティス・リーグ』はコナンとマギと犬夜叉が共に戦う作品だよ、という、あまりにもざっくりでフワフワす…

転職を重ねて痛感した「仕事ができない人の特徴」

「仕事ができない人」と一口に言っても、それは労働環境に問題があったり、人間関係だったり、得手不得手だったり、純粋な能力の問題だったり、色々ある訳ですが。 私は運良く複数回転職を経験できたのですが、それを重ねるごとに痛感した「仕事ができない人…

感想『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFINAL』暴走気味の愛とリスペクトを設定に込めて殴る、平成最後の衝撃作!

公開日朝イチで観に行った『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。(改めて字面で見るとやっぱ相当長いなコレ・・・) www.toei.co.jp 冬の『MOVIE大戦』が恒例化して久しいが、この「冬映画」枠もかなりの…

さようなら平成仮面ライダー【キバ~オーズ編】過渡期の作品群は何を壊し、果てに何を提案したのか?

「“平成”が終わる前に平成ライダーについて語ってみよう」企画の第三弾は、ついに突入、シリーズいちの異端児『ディケイド』前後の作品群でお送りします。 忙しさにかまけてしまい気付いたら前回よりかなり間が空いてしまいましたが、第一弾『【クウガ~ファ…

子供たちは『仮面ライダーエグゼイド』をどのように楽しんでいたのか

『仮面ライダーエグゼイド』、本当に楽しい1年間でした。爆弾が毎週爆発するような、そんなイベント続きの群像劇は、飽きさせないどころか前のめりにさせてくれたなあ、と。 jigowatt.hatenablog.com じゃあ、そんな自分と違って、世の中の子供たちはどのよ…

今でも『フォーゼ』の挿入歌を聴くと天ノ川学園に戻れるような気がして

平成ライダーの音楽展開は多岐に渡っていて、その円熟期あたりにあったのが『フォーゼ』という印象がある。 『龍騎』からエイベックスになり、『電王』のキャラソン手法が大炸裂。『キバ』が真面目過ぎるアルバムを作ったり、架空のアーティストやラジオ展開…

『オーズ』最終回におけるアンクの「タカ!クジャク!コンドル!」がどうしても納得できない

今から書くのは結論を見ないただのモヤモヤであって、しかも『仮面ライダーオーズ』の名シーンとも呼ばれるくだりにともすればケチを付けてしまう内容かもしれないので、「オーズは完全無欠の最高の作品だ!!!!ハッピーバースデイッッ!!!!」という人…

オリジナル漫画『毒帝』(読切25P)

何故か急にアイデアが浮かんだので書きました。製作時間3時間。 画がクソヘタすぎるので脳内補完をフルに発動してください。 タイトルは、『毒帝』(どくてい)です。 読んでいただきありがとうございました。 ジャンプにスカウトされた時は続きを書きます…

「いらすとや」のフリー素材のみで「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を全編作ってみた

以下、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のストーリー紹介です。 重要な展開に関するネタバレがありますので、未見の方はご注意ください。 (正直、めちゃくちゃ疲れました・・・・・・) ※当記事は引っ越し前のブログに掲載した内容を転載したものです。…

#Twitterでもらった質問にブログで答える 2017.11.29

なんとなく暇になってしまったのでブログを書こうと思ったが特にネタが浮かばないので何かネタをください。ということで、 #Twitterでもらった質問にブログで答える 。同じくお暇な方、何かお題をいただけたら幸いです。— 結騎 了 (@slinky_dog_s11) 2017年1…

感想『小説 仮面ライダーゴースト ~未来への記憶~』 それは執念すら感じさせる暴露本であり設定資料集

『小説 仮面ライダーゴースト ~未来への記憶~』を読み終えた。率直な感想は、「稀に見る読書体験だった・・・」。 小説仮面ライダーゴースト、もはや小説版というより、描かれるべきタイミングを逸してしまった設定暴露本みたいな趣がある。— 結騎 了 (@sl…

「光る!サウンドバスター剣」という歴代ヒーローに受け継がれる伝説の武器

仮面ライダーやスーパー戦隊って、今や多種多彩な武器を扱うのが定番な訳ですが、その巨大な「玩具市場」において燦然と輝かない玩具も毎年発売されている、という話です。 「チープトイ」「フックトイ」などと呼ばれるそれらは、大きなドラッグストアの玩具…

『GODZILLA 怪獣惑星』に対する正直な感想

兎にも角にも、ゴジラの新作が2年連続で観られることが、本当に嬉しい。 『ファイナルウォーズ』以降、ゴジラが映画館から消え、円谷もレギュラー放送のウルトラマンがいなくなり、「巨大特撮冬の時代」と呼ばれた数年間。 そこから、ギャレス監督の『GO…

娘に「ブタさん」と言われたくなくてダイエットを始めたら1ヶ月で6キロ痩せられた

まだ0歳の娘がいつ喋り出すかと楽しみにしている毎日だけど、先日、同僚から「娘にブタさんと呼ばれてしまう」という話を耳にしてしまった。 その同僚は特別太っている訳ではないが、確かに痩せてはいない。 どうやら結婚当初に比べるとかなり太ってしまっ…

『怪獣保険』を大真面目に検証。怪獣に壊された家屋に火災保険からの保険金はおりるのか?

その昔、損害保険の営業マンをやっていたので、それでいて特撮が好きということで、ゴジラやウルトラマンを観ていると毎度思うのが「これって保険おりるのかな・・・」というやつ。 数日前から久々に初代『ウルトラマン』を1話から観ているのだけど、3話に…

『シン・ゴジラ』と「こんなの〇〇じゃない!」の話

『シン・ゴジラ』の面白い点として、「こんなのゴジラじゃない!」という感覚があるのかなあ、と思うんですよね。 ゴジラといえば日本が生んだある種のスターとして世界的な知名度がある訳ですけど、それは戦争を連想させる恐怖だったり、怪獣プロレスの覇者…

古沢良太脚本の魅力が裏目に出た『ミックス。』

古沢良太の脚本構成の巧さには、『リーガル・ハイ』で感嘆し、『デート ~恋とはどんなものかしら~』でのめり込んだものだが、今作『ミックス。』や2年前の『エイプリルフールズ』など、どうにも自分が好きだった部分が削がれていったような寂しさがある。…

いきなり予告編がドーーンと流れる映画公式サイトにはどれだけの需要があるのか

皆さん、映画の公式サイト、アクセスしますか? もしくは、何を目的に公式サイトを閲覧しますか? 映画鑑賞が趣味と言っておきながら、最近は一昔前に比べて公式サイトに行くことが少なくなったなあ、と感じる今日この頃。 その理由は明白で、SNSがあるか…

【続】数年ぶりに観返したけどやっぱり『鎧武』ってめちゃくちゃ面白いな…

前回の記事(▼)の続きとして、「やっぱ鎧武って面白いな・・・」というやつの2クール編です。良かったらこちらから読んでください。 jigowatt.hatenablog.com 2クール目は、初瀬が死亡し、ユグドラシル側からヘルヘイムの説明があり、しかしそのユグドラ…

猿がヒトに堕ち、ヒトも猿に堕ちていく。『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

『猿の惑星』といえば、もはや私の世代感覚では古典SF映画であり、それはもう教科書で「羅生門」を読むような感覚でその昔に鑑賞したので、中々どうにも、愛着 ・・・みたいなものが湧かない作品である。 そういう意味で、『創世記』から始まったプリクエ…

数年ぶりに観返したけどやっぱり『鎧武』ってめちゃくちゃ面白いな…

『仮面ライダー鎧武』は本当に大好きな作品で、そのおかげで放送当時にアホほど録画を観返して毎週の放送に臨んでいたので記憶が鮮明すぎて、ここ数年間あえて復習鑑賞をしない・・・ といった謎のモードに入っていたんですね。 で、下の記事にも書いたよう…

『ワンダーウーマン』の面白さは、割と最後まで引っ張る「勘違い」にある

自分も「アメコミ映画は好きだけどアメコミそのものにはあまり詳しくない」タイプの人間なので、『ジャスティスの誕生』で突如主役級のオーラをまといながら登場したワンダーウーマンにはとても驚いた記憶がある。 まさに「え?なに?この女の人もヒーローだ…

エヴァがエウレカで、エウレカがハイエボへ。『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の、観れなかったもの。

私にとって『エウレカセブン』は特別な作品だ。 何かと斜に構えたがる十代の頃にこのアニメと出会い、レントンとエウレカの赤面連発なイチャイチャに目をそらしながらも、この作品を通して「フィクション作品とはどのように作られるのか」という観点を持った…

「文章を読めない」の正体は「短文を理解する能力が先行してしまう」ではないだろうか

nogreenplace.hateblo.jp いつも拝読しているブログのこちらの記事を読みました。 例の中高生の読解力不足の報道が事の発端となる話題。 全編面白かったのですが、特に「ふむふむ」と読んでいたのがこちらの部分。 というわけで、厳密にいえば「何も考えてい…

平成ライダーシリーズでも最高峰だと思っているあの5秒足らずの名シーンについて語る

平成仮面ライダーシリーズももう19作続いていて、30分の50話で単純計算してもエグゼイド時点で1,620,000秒もの時間が流れている訳ですが。 その中でも、たったの5秒ほどだけ、自分の中で不動の第1位とも言うべきお気に入りのシーンがあるん…

ヒーリングサバイバル動画「Primitive Technology」シリーズを観ていたら一日が終わった・・・

せっかくの休日なのに仕事の日と同じ時間帯に目が覚めてしまい、そのまま二度寝も叶わず、布団の中でスマホをいじりながら家族が起きるのを待つ。 今日もまた、そんな始まり方をしてしまった。 そんな時に偶然見つけた、YouTubeの「Primitive Technology」(…

週刊スピリッツ44号の菅田将暉によるフィリップ復活が仮面ライダーファンにとっていかに衝撃的で感動的か、という話

2009年の秋、ニチアサでは「平成ライダー10周年、秋の陣!」というコピーが使われていた。 集大成かつお祭り騒ぎである『ディケイド』、そしてその劇場版である『対大ショッカー』を経て、秋に放送が開始される「仕切り直し一発目」としての『仮面ライ…

変態タブレット「YOGA BOOK(Android+Wi-Fiモデル)」を2週間使ってみたレビュー。その中途半端さに萌えられるか否か。

久々にちょっとお高い買い物をしてしまいました。 Lenovoの2in1タブレット「YOGA BOOK」。 www3.lenovo.com といっても、「買おうかな」と思い立ってからポチるまではおよそ1日でしたね。 こういうのは 勢いで誤魔化さないとやっていけない いく…

もうみんな絶対読んでると思うけど『Dr.STONE』って漫画がめちゃくちゃ面白いよね、という話

またもやすでにタイトルで完結している記事を書いてしまった・・・。 本当にそのままなんですけど、週刊少年ジャンプで連載中の『Dr.STONE』、とっても面白いですよね。 なんというか、久々に「ぐああ!こんな漫画もあるのか!!」というショックを伴うタイ…