ジゴワットレポート

ジゴワットレポート

映画とか、特撮とか、その時思ったこととか。

ゴールデンボンバーのパクリ曲は本当に精度が高いので一度聴いて欲しい

f:id:slinky_dog_s11:20170711095932j:plain

 

はてなブログではiTunesの楽曲試聴が貼りつけられると知ったので、以前から書いてみたかったネタを書きます。

今や誰もが名前は知っているゴールデンボンバーだけど、多くの人が『女々しくて』しか知らないのが実際のところかな、とは思う。

そんなゴールデンボンバーは「エア演奏込みの面白パフォーマンス」という視点で取り上げられることが多いが、私は本当に彼らの楽曲が大好きで、その中でも一押しのものを紹介しておきたい。

 

といっても割と有名なのだけど、一番分かりやすいところでいくと、これ。

 

TSUNAMIのジョニー

TSUNAMIのジョニー

 

タイトルで分かる人はもう聴かなくても分かるやつですね。

そして同じ系列で、これも好き。

 

ultra PHANTOM

ultra PHANTOM

 

言わずもがな、『TSUNAMIのジョニー』はサザンのパクリ、『ultra PHANTOM』はB'zのパクリである。

これらはゴールデンボンバーが2009年にリリースした『イミテイション・ゴールド〜金爆の名曲二番搾り〜』というアルバムの収録曲で、他にもパクリ曲がいくつかパッケージされている。

 

とりわけ『TSUNAMIのジョニー』の何が素晴らしいかというと、コード進行はそっくりそのままサザンの曲に倣っていて、歌い方のモノマネ自体も果敢に挑んでいて、歌詞には「海」「茅ヶ崎」「江ノ島」「渚」といったそれっぽい単語が並び、女性コーラスの入れ方や打楽器による裏打ちの配置に至るまで、どこを聴いても隙のない見事な「パクリ」なのだ。

『ultra PHANTOM』も、サビ後半のコーラスと最後の「オゥイェー!」で笑いが堪えきれなくなる。世界水泳~~!

 

面白いのが、これらの曲を仮に桑田さんや稲葉さん歌ったとして、おそらく没個性の味気の無い曲にしかならないだろう、ということだ。

あくまで一般ピープルが持つ「それっぽさ」を寄せ集めた曲なので、そんな曲は無いのにそれっぽく聴こえてきて、そうして(おそらく意図的に)「やっぱり原典には敵いっこないよね」という塩梅に落とし込まれている。

パクリが敬意に変わる「面白さ」である。

 

言わずもがな、ゴールデンボンバーの楽曲を作っているのはボーカルの鬼龍院翔で、このアルバムは彼の熱い「歌謡曲愛」に溢れた仕上がりになっている。

ゴールデンボンバーの曲は90年代を中心とした歌謡曲をベースに、それらを現代風にアレンジしたものが多く、音の質感を一昔前に戻せば私の親世代にドンピシャなのではないか、と思うことが多い。

 

例えばこの曲。

 

Dance My Generation

Dance My Generation

 

80年代のユーロビート調を見事に復刻させた楽曲で、なんてナウでヤングでトレンディなのかと眩暈がするほどだ。

 

 

こちらもディスコ調のメロディーを採用しながら思わずパラパラでも踊りたくなるようにアレンジされており、Aメロのお経パロディのメロディラインも面白いし、「愛する彼女が死んだ妻に似ている男性の苦悩」というテーマをブラックユーモアたっぷりに描き切っている。

 

思えば『女々しくて』もとても「(良い意味で)古い」タイプの曲作りがされていて、そこに現代的な「パリピ感」「オタ芸の合いの手の爽快感」を融合するという面白い構造になっている。

総じて、鬼龍院翔は本当に歌謡曲が好きなんだな、と。

そういった歌謡曲(JーPOP)への愛を現代型にアップデート(ハイブリッド)する形で世に送り出す、そういった姿勢が真摯に伝わってくるからこそ、「パクリ」でも「悪ふざけ」でも不思議と悪い印象に偏らない。

 

 

こちらは「お前たちはサンボマスターか!」と突っ込みたくなるほどに「青春!爽やか!」を一周してネタとして成立させているし・・・

 

 

染みる人には嫌というほどに染みるであろう「V系あるある」を詰め込んだこの曲も、そのジャンルへのリスペクトが熱い。

 

ボーカル、そして楽曲を作る鬼龍院翔は(ソロ名義で)今年の5月に『オニカバー90's』というアルバムもリリースしており、その名の通り90年代の楽曲を彼が愛たっぷりにカバーしていく内容となっている。

 

ラブ・ストーリーは突然に

ラブ・ストーリーは突然に

 

彼らはテレビで歌ってパフォーマンスをする際に、同じスタジオに居る大物芸能人や大物歌手をよくネタにすることがある。

しかし、その後にしっかり相手に頭を下げ(時には土下座をして)、しかもパフォーマンスのクオリティに妥協はない。

以前つんくの目の前で披露した「『女々しくて』に被せて『ズルい女』を歌う」というネタも、元の『女々しくて』のコード進行を微調整して『女々しくて』のリズムを保ちながら『ズルい女』としても違和感がないように仕上げる、という離れ業をやってのけていた。

「熱いパクリ」と「リスペクト」の境界線は良い意味で曖昧だなあ、と思うのだ。

 

そんなこんなで、最後にAqua Timezゴールデンボンバーの楽曲を貼りつけておきます。

 

万の夜をこえて

万の夜をこえて