ジゴワットレポート

本屋が好きなのに本屋に足が遠のいてしまう田舎民の辛さについて

Twitterでもはてなでも話題になっていたこの記事を読んだ。

 

www.asahi.com

 

要は、もう何年も前から言われている「本屋が減った」の話題。

ネットでも多くの人が「嘆かわしいことだ」といった反応を示すが、ここ数年はそれと同じくらい「Amazonが便利すぎて・・・」「電子書籍が手軽すぎて・・・」という声が増えてきたように思える。

 

私も本が好きな人間のひとりで、電子書籍よりやはり紙の本が好きだ。

漫画を電子書籍で読む機会も随分増えたが、とはいえ紙で読む方が好きだし、今も毎月何冊も漫画を買う。

漫画以外にも、小説もビジネス書も、やっぱり紙の方が好みだ。

 

だから、本屋に行くのも好きだ。

とはいえ、私が住んでいる九州の田舎もめっきり本屋が減り、今ではTSUTAYAくらいしかまともな選択肢がない。

 

それでも、(TSUTAYAを含め)本屋が好きだからなるべく本屋に行くのだけど、田舎の民はこれにひとつの障害がある。

「店頭で販売されるのが遅い」のだ。

 

biz-journal.jp

 

こちらの紀伊国屋書店へのインタビューで「発売日と店頭に並ぶまでのタイムラグ」について触れられているのだが、ライターの方はきっと首都圏にお住まいなのだろう。

 

だって、だってさ・・・。最後の文・・・。

 

アマゾンにも同じ日に出版社から卸されているはずだが、そうするともうひとつ悩みが増えてしまう。

アマゾンの倉庫から自宅までの配送と、最寄りの書店が店頭へ出すのとは、どちらが早いのかという問題である。

だが、それを見極めるのは至難の業のような気がするので、考えないことにする。

どうせ、たいした違いじゃない。 

 

 

「どうせ、たいした違いじゃない。」

 

 

「どうせ、たいした違いじゃない。」

 

 

 

「仗助 プッツン」の画像検索結果

(出典:『ジョジョの奇妙な冒険荒木飛呂彦 株式会社集英社

 

 

九州は・・・今も・・・今も・・・

発売日の2日遅れで店頭に並ぶのがデフォなんだ・・・

 

 

しかも、例えば金曜が発売日の漫画は土日を挟んで月曜に店頭に並ぶので、3日も遅れるんだ・・・

※ただし、『ONE PIECE』や『進撃の巨人』といった人気作だけはバッチリ発売日に店頭に並ぶ。

 

地理的なこと、流通の過程・・・。

それらを考えれば仕方のないことだと分かっているが、これが田舎民(非首都圏民)の知る辛さだ。

 

つまりは、「Amazonで買った方が手元に届くのが速い」のだ。

例えば上で挙げたように、金曜日が発売日だったとして・・・

 

 

 発売日。Amazonから出荷

 配送中

 プライムお急ぎ便でも田舎なのでこの日に到着

 店頭に並ぶ

 

 

・・・なんてこったい、これですよ。

これ、マジで「本屋に行く利点」が削られているんですよ。

あらかじめポチっておけば、発売日から間もなく「直接家に」届く。

本屋に足を運ぶ手間も無く、本屋より速いタイミングで手に入る。

 

別に一刻を争うほど本を渇望している訳ではないが、この利便性の差は中々埋められない。

なので、「本屋は好きだけど本屋に行くメリットが感じられない」という状況が生まれてしまい、これがとってもジレンマなのだ。

 

とはいえ、本屋に行く目的は主に2種類に分けられると思う。

 

1.目的の本を買いに行く

2.店内でブラブラする。(ウィンドウショッピング)

 

私が上に書いた「本屋は好きだけど本屋に行くメリットが感じられない」という状況は、主に1の場合に当てはまる。

目的の本をピンポイントで買いたい時は、Amazonで買った方が速くて便利、という結論しかない。

 

本屋が未だ持つ強みは2の方で、表紙や帯、その書店の陳列やポップを楽しんで、更には雑誌をパラパラめくってみたりする、あの特有の「ブラブラ」だ。

なので、何の気なしに時間を潰したい時や、「あんな本、こんな本はあるかな?」という大雑把な目的を持っている時は、本屋に出向く。

 

とはいえ、田舎民なので駅の構内に本屋がある訳でもなく(そもそも駅が無い)、目的がふわっとした「ブラブラ」のためにわざわざ車に乗って本屋に出向かなければならない。

仕事も子育てもしながら「ブラブラするために本屋に行く」のは楽ではない。

しかも、田舎の本屋はそもそもが小さいので、置いてある本の数も少ない。

そうなると、「それならいっそネットでテキトーにそれっぽい用語やタイトルを検索して探した方が楽なのでは・・・」という思考が迫ってくる。

 

結果として、私の場合は2より1の方が頻度が高いため、「店内でブラブラする」メリットより「本屋に目的の本を買いに行く」デメリットの方が上回り、そうして、本屋が好きなのに本屋に行く理由を次第に見失っていくのだ。

あの本屋独特の印刷物の匂いを、しばらく嗅いでいないかもしれない・・・。

 

田舎の本屋は学校への教科書販売等で販売ルートを確保している面もあると思うが、今や学校の現場でも電子化が進んでいるというし、いよいよ厳しい時代に突入していくことは免れないだろう。

私も、「自分が感じるデメリット」を飲み込んででも本屋を持続させようとは、哀しいかな思えない。便利さには勝てない。

 

本屋が生き残れる道とは、果たしてあるのだろうか・・・。